不用品回収業者

不要品回収業者を選ぶ時の注意点

段ボールを持つ男性

引っ越しをする時などに粗大ゴミを捨ててしまおうと思うようになるので、不要品回収業者を利用すると思いますが、実は業者とのトラブルもそれなりに多いので注意しなければいけません。ポストに不要品回収のチラシが入っている事がありますが、実際にこの業者はどうなのと思ってしまう事も多いです。そのため、業者を選ぶ時にいくつか注意するポイントがあるのでしっかり確認しておきましょう。
不要品回収業者は良質な業者はありますが、中には悪質な業者も存在しています。悪質な業者は不要品を実際どこで処分しているのか分かりません。そのためトラブルに繋がってしまう可能性もあります。良質な業者は市町村の許可を得ているので一般廃棄物収集運搬許可を保有しているかをしっかり確認しておきましょう。
業者に依頼したら、今から無料で見積もりに行きますという言葉には疑いを持ちましょう。特に悪質業者の場合は、見積もりといいながら勝手に不要品を積んでしまって金銭を請求してくる場合があります。しかも、高額請求の場合もあるので注意しなければいけません。
悪質業者の場合は、所在地が不明の場合が多いです。そのため領収書を発行を拒むケースが多いです。利用する前に領収書がしっかり発行出来るか確認しておいた方がいいでしょう。

不要品回収で引っ越し費用の節約を

一人暮らしの引っ越しは、不要品回収を使ってお得に済ませましょう。引っ越しの見積もりって各社ありますが、単身の近場移動であっても、数万円はかかるものます。
私の場合は大阪から神戸という近場での移動だったのですが、休日であったり、さらにシーズンによっても追加費用の要因となったりしますよね。なるべく費用を抑えたい!そんな時に便利なのが、不要品回収を使った引っ越しです。
まず、第一に不要品回収は要らなくなったものを買い取ってくれるのです。引っ越しには必ずゴミが出ます。電子レンジや冷蔵庫、洗濯機、それに家具なども捨てるだけでお金がかかります。そういったものを買い取ってくれることで、その分を引っ越し費用に回すことができます。
第二の魅力は、格安の費用で、残りの荷物を引っ越し先へ運んで貰えるという点です。普通の引っ越し業者とは違って梱包などは少々荒っぽいし、軽トラを使っての移動になることがほとんどです。その分見積もり代金はかなり格安なものとなります。高価なものや貴重品を運んでもらう時は少々警戒するべきではありますが、何はともあれ、大阪―神戸ほどの移動には十分でしょう。
このように不要品回収を使うと、移動費用を抑え、尚且つ買い取りによる資金も生まれ、最小限の負担で引っ越しを完了することができるのです。

大阪の不要品回収を利用しました 

私が不要品回収を利用しようと思ったのは、引越しが決まったことがきっかけです。次に引っ越すところは同じ大阪市内でしたが、新しいマンションなので、収納が最初から備え付けてあるのです。今まで使用していたラックや本棚など、いろいろと不用なものが出てきてしまいます。
たいていは、不要品は大阪市の粗大ごみの回収を頼むのですが、年末年始の時期を挟むと、回収日までに1ヶ月弱かかってしまい、引越しの準備にさしさわります。早く不要品を廃棄して箱詰め作業にとりかかるには、不要品回収の業者さんにきてもらうことがとても便利です。
最初はメールで見積もりを出しましたが、すぐにお電話をいただき、詳しく状況を伝えてから、引き取りの日程を段取りました。当日、実際に見てもらって、引き取りの価格を提示してもらい、あっと言う間に運んでいただきました。自分1人では粗大ごみに出すために、外へ運び出すのも、本当に苦労です。当日、思いついた他の物も、小さな物も一緒に引き取ってもらいました。
不要品回収の業者さんを利用する時には、最初にお電話などで連絡をとり、よく相談にのってもらうことが大事と思います。事前見積もりなく自宅に来るとか、よく知らない業者の車をつかまえて…というのでは、こちらも見通しがたちませんし、家の中に入ってくるわけですから、まずは信頼が第一です。

大阪で不要品回収業者を選ぶなら

主に引っ越しの際に悩む問題の一つとして「不要品」が挙げられます。パソコンやエアコンなどなら無料で回収してくれる業者もあるのですが、ベッドやソファー、木製の家具類に至っては自治体でも回収してくれなかったりします。そこで利用したいのは不要品回収大阪の「ダストレ」です。ダストレでは先ほど挙げたベッドやソファー、木製の家具類等の不要品であっても回収できますし、他の不要品回収業者よりも安価にて回収してくれるのが魅力的な不要品回収業者です。また、丸ごと回収してくれるパックプランも充実していて、不要品だけでなくハウスクリーニングや遺品整理まで行ってくれるので、多岐にわたって利用することができる良質な業者です。不要品回収で優良な業者をお探しなら「ダストレ」をチェックしてみるのがいいでしょう。

部屋の模様替えで不要品回収を利用しよう

気分をリフレッシュさせたい時や気分転換をしたいような時は、部屋の模様替えを行うと良いです。部屋の模様替えを行うことによって、今までのインテリアをまったく違うものにすることができますし、引越ししたような気分になることもあるでしょう。ですが、インテリアをまったく違うものにするには大掃除に近い大作業です。ですから不要になってくるものもとても多くなるでしょう。自分では捨てたり片づけたり作業したりがうまくできないこともあるので、うまく行えるように不要品回収を利用していくといいでしょう。不要品回収では小型の荷物だけでなく、大型の荷物も回収してもらうこと…

不要品を処分して、気持ちも暮らしも軽くなりませんか?

だんだん暖かくなってきて、春らしくなってきました。季節の移りかわりとともに、片付けをすれば、社会人になって大きく変化のない生活にも、アクセントをつける大きなチャンスです。部屋に溢れる不要品を処分して、気持ちも暮らしも軽くなってみてはいかがでしょうか?セールで安かったからとつい買ってしまった洋服や靴、もう持たない鞄。読まなくなった本や雑誌。滅多に使わないキッチン用品。部屋ごとに見渡してみれば、要らないものが見えてきます。またいつかは使うはず、これは高かったから、あの人にもらった、捨てにくい理由がたくさんあるなら、不要品回収を利用しませ…

不要品回収でプチ収入

収入を多くしようと思った時、仕事を増やしたりアルバイトをしたりする人は多いものです。ですが、自分の身の周りを見渡してみて、何か売れそうなものがあれば不要品回収として売ってみてもいいでしょう。もう古くなってしまった家具やレトロ感のある家具も不要品回収に出せば、お金に変わるということがあります。コレクターであれば、新品のものよりもむしろ古い家具のほうが好むこともあるので、そういったコレクターの目に留まるようなこともあるということを考えて、不要品回収を利用していくといいでしょう。また、自分では価値のわからないものはとりあえず不要品回収業者に頼んで…

不要品回収をするときの留意点

不要品回収を依頼するときは、どのような品物があるのかを事前に伝えておくとスムーズです。小さな家具類なら問題ありませんが、大型家具も含めて回収してもらうなら、そのサイズに合わせたトラックで回収に来ますので、伝えていないと再訪問の可能性があります。積み残しや後日回収では困ると言う場合は、あらかじめ品目一覧をリストにして伝えるのがベストです。当日の運び出しはあまり時間がかかりませんが、家電などは付属品を渡し忘れることもあるので、ひとまとめに置いておくと慌てずに済みます。特に引越しがまじかに迫っていると、忘れた付属品を渡す時間も作れないので…

INFORMATION

NEW2016/03/23
不要品回収をするときの留意点を追加しました。
NEW2016/03/23
不要品回収でプチ収入を追加しました。
NEW2016/03/23
不要品を処分して、気持ちも暮らしも軽くなりませんか?を追加しました。
NEW2016/03/23
部屋の模様替えで不要品回収を利用しようを追加しました。

≫ コンテンツ一覧へ

Copyright © 2016 良質な不要品回収業者に依頼し、引っ越し費用を節約しよう! All Rights Reserved.